Aug 2, 2016

サンペドロ・デ・アタカマ〜ここは地球なのか?死の谷・月の谷〜

カナダのユーコン滞在を終え、リアルタイムではついにヨーロッパinしました。

ドイツのフランクフルトにいます。ウィンナー美味し!

カナダでもたくさんの方々に助けてもらい、とても楽しい旅になりました。

これからのヨーロッパどうなるか楽しみだわ。

 

今回は、チリ最古の街といわれるサンペドロ・デ・アタカマ編です。

それでは、Check it out!!

————————————————————

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
ブログ更新の励みになります。
よろしくっ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

————————————————————

ありがとう、サンティアゴ

2016/4/5 

バルパライソから帰ってきた前回。

サンティアゴの救世主パトの家で、数日マッタリさせてもらいました。

チリに着く前にちょっとしたトラブルもあったので、パトに協力してもらい全て解決。

パトは日本大好きで、日本人の彼女がいて、多彩な才能を持つ、パーフェクトにいいヤツ。

パトのお母さんも、弟もすごくフレンドリーでサンティアゴを満喫することができたよ。

本当に、感謝しかありません

ちなみに、他にもヒロミさん、カズさん、リョウマくん、マカちゃん、ロシオちゃん達にもすごくお世話になって、サンティアゴには是非また戻ってきたいと思えた。

 

今回はどうしても先を急がなければならないので、後ろ髪引かれる思いを振り切り、再びサンティアゴ空港へ向かいます。

スクリーンショット 2016-08-02 10.50.54

今日の目的地はチリおいて最古の街といわれ、アタカマ砂漠で有名なサンペドロ・デ・アタカマ(以下、アタカマ)という街へ行く予定。

 

しかし、サンティアゴからアタカマへはかなりな距離。

約1700kmあります。遠っ!!

 

サンティアゴからは長距離バスや飛行機で行くことが可能だけど、長距離バスだと約24時間かかるということで悩んでいたら、色々な旅人からSky Airlineがとってもいいよ!って言われ調べてみることに。

 

SkyAirlineではアタカマまで直行便がないため、途中のカラマという街まで飛び、その後バスでアタカマへ向かうことになるんだけど、サンティアゴーカラマ間の最安はなんと衝撃の17USD

ちなみにサンティアゴーカラマ間をバスで行った場合、25000チリペソ(約4000円)ほど。

これは飛ぶしかないっ!ってことで、早速予約しました。自分が飛んだ時は予約するのが遅くなったので47USDぐらいだったけど、十分に許容範囲。

だって長距離バスきついし。

ってことで時間をお金で買う作戦で、一気にカラマまで飛びました。

 

カラマの空港から街中へは結構遠かったので、ヒッチで向かうことに。

鉱山関係の陽気なおじさんたちが乗せてくれました。

これから、バスでアタカマに向かうというとバス乗り場まで連れていってくれた。

本当にチリ人は優しいよ。

グラシアス!!

 

バス乗り場は各社で色々な場所にあって、僕は結構朝早くにカラマに到着したんだけど、降ろしてもらったバス停では昼過ぎまでバスがないって言われた。

そんなことはないと思い街中をぐるぐる回って、

結局Turbusの10:30発のバスを見つけることができた。

これなら今日アタカマ観光を十分できそう。

料金は片道3000ペソで、乗車時間は約2時間ほど。

 

ちなみにカラマはチリの中でもかなり治安が悪いと言われている街。

自分は午前中のみの滞在だったので特に危ない目には遭ってないけど、イースター島で一緒に旅したジュリちゃんはケチャップ強盗にあって荷物を盗まれたんだって。

歩いた感じあんまり街中はいい雰囲気ではなかったので、ここを訪れることがある人は十分に注意してください。

 

定刻より約30ほど遅れて出発したバスは、荒涼とした大地を抜けていきます。

 

砂漠の中のオアシス、サンペドロ・デ・アタカマ

 昼過ぎに今日の目的地であるアタカマに到着。

本当に砂漠の中にある街オアシスって感じ。

かなり暑かったです。

街自体はかなりツーリスティックで、お土産屋やツアー会社が立ち並びます。

街はとても整備されていて、建物や看板などはすべて統一されてる。

砂漠の中のオアシスっていう感じで、いい感じです。

土で作られた教会はとても可愛く、

  

骨組みや屋根なんかはサボテンで出来ていた。

サボテンがこんなに丈夫なんだってことに、驚きです。

 

死の谷、ここは地球なのか?

この街での滞在は限られていたので、早速午後からツアーに参加することに。

デスバレー・ムーンバレー(死の谷・月の谷)ツアーは、泊まっていたゲストハウスから予約してもらって10000チリペソ(約1600円)。別途で入園料として3000チリペソ必要です。

自転車をレンタルしていくこともできるけど、暑さとかなりなグラベルロードなので熱中症に要注意です。

ナイスガイなツアーガイドの引率で、デスバレーへ。

入り口から、現実離れした光景が広がります。

ところどころに砂丘があったり、

どこかの惑星なのではと錯覚してしまうほどの、荒々しい大地が広がります。

写真だと伝わりにくいけど、すごいスケール感です。

 

そのあとは少し移動して、奇岩の見れる場所へ。

トレス・マリアと言われる岩。

 

これが自然にできてるんだからすごいよね。

荒々しい大地に見える白いところは、すべて塩分。

舐めると当然ながら塩っぱいです。

デスバレー(死の谷)っていう名前の由来は色々あるようで、、生き物が全く生息していないのでそう呼ぶ人や、鉱山跡から動物の死骸がいっぱい発見されたからって言う人もいます。

とにかく過酷な場所なので、自転車で行こうと思ってる人は体調管理に要注意です!

 

最高の夕日、月の谷

日の入りが近くなるころ、ムーンバレー(月の谷)へ移動。

かなりな断崖の上から、遠くに沈む太陽を眺めます。

 

それぞれが思い思いに、夕日を眺めてる。

 

ゆっくりと流れる時間に、最高の夕日。

1日慌ただしく移動してきたけど、こんな空見れたら疲れも吹っ飛びます。

今までもすごい景色を見てきたけど、ここの夕日も上位に入ってくるものだったよ。

 

このツアーは昼過ぎから日の入りまでのツアーだけど、かなりお値打ちだと思います。

一人で行くことも可能だけど、移動がとても大変だと思うので、

アタカマを訪れた時はこの死の谷、月の谷ツアーへの参加を!

ぜひともオススメします!!

 

宿情報

宿名:La Ruca 

ドミ:一泊14ドル(9500チリペソ)。アタカマでは最安の部類だと思う。

Wifi(まぁまぁ高速)、ホットシャワー、キッチン完備。

かなり綺麗な宿だと思います。

オーナーが英語対応可能。各種ツアーを取り扱っていて、直接ツアー会社に行くのと値段はほぼ変わりません。手間を考えたらここで予約するのがいいかも。

僕はBooking.comから予約しました。

 

次回は新月のウユニ塩湖を目指し、2泊3日のウユニ抜けのアタカマツアーに参加してきます。

それでは、また今度。

チャオ!!

————————————————————

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
ブログ更新の励みになります。
よろしくっ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

————————————————————


Posted in Blog, travel, チリNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment