May 14, 2016

フィッツ・ロイだけじゃないぞ、エル・チャルテン!!

現在ペルー、ワラス行きのチケットを捨てて、クスコに滞在中。

今一緒にいる仲間たちがとても楽しく、残りのペルー滞在をここで締めくくることにしました。

どこに行くかよりも、誰と行くか。

これってやっぱ重要だと思った今日この頃です。

 

それでは、ノラ家との珍道中、エル・チャルテン続編です。

Check it out!!

DSCF0930

————————————————————

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
ブログ更新の励みになります。
よろしくっ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

————————————————————

透き通る川と湖

トラブルもありながら、無事到着したエルチャルテン。

まだ時間も早いので、すぐにキャンプ場には向かわず、周りの見どころに行く事に。

ノラ曰く、エル・チャルテンにはフィッツ・ロイ以外にもすごく魅力的な場所が沢山あるって。

楽しみだ!!

 

まず向かったのは、Laguna del Desierto。

その名もデザート湖。どんな湖なのか気になる!

そこがすごく綺麗で、魚がよく釣れるってノラが教えてくれたので向かいます。

スクリーンショット 2016-05-13 11.36.59エルチャルテンの街からは少し離れていて35kmほど。

車で1時間ほどかかります。

 

この湖に向かう道中には滝があったり、見所も多いみたい。

ワクワクしながら、車で森の中を進んみます。

DSCF0958

DSCF0961

途中の風景もすごいです。

どこ撮っても絵になる。

 

そのまま道を進んで行くと、今までに見たことのない綺麗な清流が。

DSCF0910

曇っていて綺麗さが伝わりにくいけど、本当に澄み切ってる。

水草や魚たちがすごく良く見えて、こんな川があるんだ!!って本当に感動しました。

 

しばらくすると、湖に到着。

DSCF0916

DSCF0925

DSCF0927

写真で伝わらないのが本当に悔しい。

この旅で見た中で一番に綺麗じゃないかという湖でした。

 

遊覧船や、湖の対岸にに向かう渡し舟もあって、この湖を渡ってチリに水路と陸路で国境越えすることもできるよう。

ロンリープラネットとかには掲載されてるみたいなので、興味のある人はチェックしてみて。

 

やっぱり釣りがしたいのです。

僕がこの湖に来た目的は、もちろん釣り。

早速、開始です。

 

水草たくさんで、小魚も多い。

すぐにアタリが来ます。

 

 

サイズは大きくないけど、綺麗なレインボートラウトやブラウントラウトが沢山釣れました。

DSCF0924

DSCF0932

こんな綺麗な魚今まで見たことない。

やっぱり水質や生息する環境によって、魚ってすごく姿を変えるんだなと感じました。

DSCF0941

そして今回も大活躍のJet Setterのプロトモデルです。

気になった方は、こちらのサイトからどうぞ!!

冒険用品

オススメします!!!

 

綺麗な滝も見てみよう!

天候が荒れてて結構冷えてきたので、釣りにも満足して次のスポットに。

 

車で来た道を戻ると、CHORRILLO(チョリヨス)滝が。

DSCF0971

規模はそこまで大きくないけど、すごく綺麗な滝でした。

この滝は町からも歩いて行ける距離だと思うので、時間がある方は是非!

DSCF0988

ミカは滝のマイナスイオンを感じたり、

DSCF0992

季節の変わり目で紅葉を楽しめたり、

DSCF0994

不思議な植物を見れたり、すごく楽しめると思います。

 

いよいよ、キャンピングへ!!

今日はフィッツ・ロイを間近で見ることのできる登山道の途中にある、無料キャンプ場Camp Capriを目指します。

Lago Capriに面したキャンプ場で、湖からフィッツ・ロイを眺めることができます。

夕暮れが迫ってきてるので、ダッシュで暗くなる前に到着したいところ。

DSCF0996

登山道入り口はこんな感じで、飲むことのできる水道もあり。

ここで、給水していくことも可能です。

ちなみにこのフィッツ・ロイの一帯は、ペリトモレノ氷河のあったロス・グラシアス国立公園に含まれており、入場料は無料です!!

嬉しい限りですね!!

DSCF1001

出発前にみんなで記念撮影。

DSCF1005

登山道から見るエル・チャルテンの街並み。

すごく小さな町でが、整備されてて可愛らしい。

DSCF1008

眺めも最高。

登山道も平坦な箇所が多く、そこまできつくないと思います。

 

歩き続けること約1時間半ほどで、キャンブ場へ向かう分岐点に着きました。

ここを左に向かうとCAPRI湖にあるCamp CAPRIに到着。

DSCF1014

DSCF1018

少し進むと、見えてくるキャンプ場。

DSCF1141

今日はここで夜ご飯を作って、キャンプして明日の朝やけに備えます。

他にもキャンプしている人たちもいて、明日朝焼けを見に行く人も多いみたい。

自分的には期待度の高いフィッツ・ロイ。

ウキウキが止まりません。

 

次回は、いよいよフィッツ・ロイ朝焼け編。

果たして、フィッツ・ロイは僕たちに微笑んでくれるのか!?

 

宿INFO

Camp CAPRI 

無料キャンプ場。トイレあり。

水場、キッチンはないので、必要な水などは隣にある湖から。

焚き火は禁止なので、ガズバーナー等を持ってくる必要あり。

このCamp CAPRI以外にCamp Poincenotと名前を失念しましたがもう一つ、

計3つの無料キャンプ場あり。

Poincenotの方がフィッツ・ロイに近いので、朝焼けを見に行くにはこっちに宿泊の方がいいかも。

————————————————————

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
ブログ更新の励みになります。
よろしくっ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

————————————————————


関連記事

Comment





Comment