Mar 17, 2016

釣れすぎるフィッシング・キャンピング前編

今滞在している街の名前は、プントナタレス。

トレッキングの聖地であるトレス・デ・パイネの玄関口です。

昨日、4泊5日のトレッキングから無事帰還しました。

それにしても、疲れたな。

 

更新が遅くなりましたが、フィッシング・キャンピングの模様です。

DSCF8839

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

3/1 ウシュアイア3日目

Lasifahaj川向かえ!

昨日はエスメラルダ湖にトレッキングに行ってきましたが、今日はこの旅のもう一つの目的であるフィッシングに向かいます。

今日は刺身を食べようと約束し、アキさんと一緒に今日の目的地へ。

スクリーンショット 2016-03-10 13.36.10

目的地は、釣具屋のMartinに教えてもらったLasifahaj川に狙いを定めました。

 

ウシュアイアの街から、東に約80kmほど離れた場所にある川です。

Martin曰くすごい釣れるよ!!とのこと。楽しみです。

 

車がない僕達は、再びヒッチハイクを試みます。

国道3号線を進み、J線に向かいます。

 

IMG_1348

エメラルダ湖に訪れた時に通った街外れのゲートまで向かい、

そこから郊外に向かう車に狙いを定め、ヒッチです。

 

初めて10分ほどでヒッチに成功し、国道3号線を進みます。

乗せてくれのはとても知的な方で、土地の区画整備を行うといった仕事をされている方でした。

写真を撮り忘れたのが残念。

 

約30分ほどで、J線への分かれ道に到着。

 

IMG_1435

ここで降ろしてもらい、再びヒッチです。

 

 

 

しばらく道を歩きながらヒッチをしていると、中年のご夫婦が僕達を拾ってくれました。

IMG_1437

旦那さんは環境保護について教える大学教授、奥さんは森林保全を行う仕事に就かれている方でした。

 

僕達が釣りをしに向かっているという話をしていると、

ここはすごい良い場所だということ、

エサ釣りは違法だからやらない方がいいよ

ということを教えてもらいました。

 

エサ釣りをするつもりは元々なかったけど、違法なんて聞いてないよ!Martin!!

もし今後エサ釣りをしようとしている方はご注意です。

 

 

DSCF8791

IMG_1441

ご夫婦には目的のLasifahaj川に近い道の分岐点まで連れてきてもらいました。

目の前にはビーグル水道が広がり、この先はチリ領になります。

 

本当の世界最南端の村とは!?

スクリーンショット 2016-03-10 13.36.10

僕らが滞在してい『ウシュアイア』は、世界最南端の町と言われていますが、

実際には『プエルト・ウィリアムズ』という村が人の住む最南端の村になるそうです。

 

なんやそれ!!

 

『プエルト・ウィリアムズ』はビーグル水道を挟みチリ領になります。

陸路がないためフェリーで向かわないといけないのですが、これが非常に高額な様子。

ここに向かうツアーもあるみたいだけど、とても高いみたいです。

 

だから、この村へ行くのは初めから諦めていたんだけど…

 

DSCF8806

 

なんか向こうに見える…

 

DSCF8788

 

村らしき何かが見える…

 

 

!!!

 

 

スクリーンショット 2016-03-10 13.36.10スマフォの地図アプリで確認してみると、何と向こうに見える村が『プエルト・ウィリアムズ』ではありませんか!?

 

思ったよりも大きな村のようで、どんな村なのかとても気になるところです。

 

しかし、予期せず世界最南端の村を見ることができ、とても満足です。

 

 

この『プエルト・ウィリアムズ』を見てみたい!って思う人は、

この場所までヒッチハイクか、この先の街に向かうミニバスに乗って降ろしてもらえれば、海の向こうに村が見えますよ!

 

釣り場に到着

個人的にはこの村が観れたことですごく満足できたけど、本来の目的地はLasifahaj川。

地図上では川に近づける場所はもう少し先の様子。

 

DSCF8815

ここら辺は車の通りが極めて少ないので、歩きます!

 

DSCF8810

DSCF8794

パタゴニア地域特有の強風によって、まるで風に靡いているかのように生えている木々『フラッグツリー』が、辺り一面に生えています。

風の力ってすごいわ!

 

 

約4キロほどだろうか、地図を見ながら歩いていると、良さげなポイントが。

 

 

DSCF8822

ここに決めた!!ってことで早速降りていきます。

 

 

 

 

 

DSCF8819

 

何と素敵な場所でしょう。

 

DSCF9029

ここは確実に釣れますね〜

 

 

川が曲がりくねっていて魅力的。

少し川が淀んでいるところに、ルアーを投げると一投目でヒットです!

 

DSCF8826

サイズはとても小さいですが、綺麗なマスが釣れました。

 

その後も、ほぼ入れ食い状態。

DSCF8839

DSCF8831

DSCF8838

 

しかし、釣れすぎるのも少し気分的に辛いことも。

 

釣れない中、色々試した結果釣れることが楽しく感じる。

それが釣り人の性なのです。

 

 

DSCF8827

釣れまくるので、とりあえず今夜の夜飯分を確保し、

 

あとは、大物を狙いにチェンジです。。

 

 

しかし、釣れるのは20~30cmの小さいサイズばかりで、大物は掛からず。

明日に持ち越しです。

 

夕暮れと晩餐

日暮れが近づいてくると、川を泳ぐ怪しい物体。

 

DSCF8998

陸に上がると、大きい鼠のような生き物が。

これが、森の木々を囓り倒しているビーバーの正体。

 

こんなにも簡単に見れるということは、本当にどこにでもいるんだろうな。

 

DSCF8872

釣りをしたりビーバー観察して1日満足したので、テントを張って夕食です。

 

DSCF8860

その場で捌いたマスを刺身と、焼き魚で楽しみます。

それにしても、刺身がやばい!

脂の乗ったサーモンそのもの。

 

日本で食べるサーモンを超えるかも。

 

DSCF8931-HDR

夕日もすごく綺麗。

そんなこんなで、アキさんと焚き火を囲みながらフィッシング・キャンピングの1日は過ぎて行きました。

 

DSCF9012

アキさんと焚き火を囲みながら、色々と話して就寝です。

 

 

今日は、たくさんの人の善意でここまで連れてきてもらいました。

感謝です。

 

DSCF9015

それにしても、星空が綺麗だ。

 

 

明日は、フィッシング・キャンピング二日目。

果たして、大物は釣れるのでしょうか??

 

ブログ村にも参加しています。
下のボタンをクリックしてもらえると、
嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 


関連記事

Comment





Comment