Oct 10, 2015

モンゴルの温泉事情

日に日に深まる秋の日に、モンゴルは完全に冬に足をつっこんでしまっている今日この頃。時折降る大雪に気分が憂鬱になることもありますが、やっぱりそれはそれで何と無くウキウキしてしまいますね。

そんな寒い季節になると行きたくなるのが、温かい温泉でしょう。

今日は皆さんには馴染みがないであろう、モンゴルの温泉事情について紹介したいと思います。

 

ツェンケル温泉

アルハンガイ県ツェツェルレグより南東に約30キロ離れた場所に位置し、車で約2時間程度かかります。オゴタイハーンの隠し湯とされ、源泉は約85度を保っています。

IMG_7908

草原と山に挟まれた場所に源泉があり、その周りにいくつかのツーリストキャンプが連ねています。

IMG_1826

源泉にはオボー(モンゴル式の祠)が奉られており、昔から人々が大切に守ってきていることがうかがえます。

IMG_7862

各ツーリストキャンプが、そこから湯をを引いてきて、色々なタイプの温泉を営んでいます。

IMG_7851

その中でもオススメなのは、『Native land』というツーリストキャンプ。

この一帯で一番コストパフォーマンスがよく、温泉も日本人好みと思われる岩風呂があり、そこから見る景色も最高です。

ツーリストキャンプの周りには多くの遊牧民も暮らしており、たくさんの家畜が放牧されています。

IMG_7845

IMG_7833

IMG_9263

温泉に浸かり、綺麗な風景や馬、ヤクを眺めビールを飲む。

最高だと思います。

ツーリストキャンプの営業期間は5月中旬~10月中旬となっており、オススメは6月。

花が咲き乱れる草原や山々を是非見に来ていただきたいです。IMG_7896

 

宿泊情報

Native land

e0220604_1440994

引用先:http://pds.exblog.jp/pds/1/201508/28/04/e0220604_1440994.jpg

e0220604_1528910

引用先:http://pds.exblog.jp/pds/1/201508/28/04/e0220604_1528910.jpg

一泊30000tg(1800円)

食事をつけた場合は、一泊2食付で42000tg(2500円)。

wifiなし。

シャーワー室、トイレも綺麗です。

温泉は水着着用で、混浴になります。

このツーリストキャンプ街の中では一番安く、

温泉も一番のオススメです。


関連記事

Comment





Comment